商売は常にターゲット

貴方が自身のwebサイトを、
お店のWEBサイトを持っているのであれば、
サイトに訪れるのはどの様な人かという事を考えなければなりません。
自分のブログ(ツイッターやフェイスブック、アメブロ)等から
リンクを貼っている場合は、
ブログを見るユーザー、
つまりは、貴方の知人・友人である確立が高いです。
SEOをかけて一定のワードで上位表示されているのであれば、
そのワードで検索エンジンを利用した人が訪れることでしょう。
そして、
Googleや、Yahoo、MSNに存在する
クローラー(※ウェブ上の文書や画像などを周期的に取得し、
自動的にデータを集計するプログラム。巡回ロボット。
巣にかかった餌が、仮に「ワード」であれば
クローラーは「蜘蛛」と思って頂ければ…)
が訪れるという事も忘れてはなりません。
いかに、コンテンツを充実させて人が見やすいサイトにしたとしても、
クローラーが認識しづらい作りの場合は、
SEOの効果が下がってしまう事もあるのです。
企業、会社はターゲットを決め商品を作り宣伝をします。
OL向け商品、10代の学生向け、30代の女性向け化粧品、
インテリアにこだわる人、ゲーム好き、アニヲタ系、
脱毛に悩む男性、婚活に励む男女、性欲旺盛な男性…。
その様な事を考えていけば、
おのずとサイトをつくる際の道しるべとなるはずです。
風俗SEO対策業者「風俗 SEO」に頼めば安心して
任せる事ができます。困ってる方、悩んでる方は
一度お電話を!!